第5章 上総:大多喜村

シェアする

【逢魔時退魔学園】

004.png

三善先生「次の試練は【上総国】にある【大多喜村】での守護者の討伐だ。ただ・・・守護者の情報が不明瞭なのが懸念点だな」

ファイテン「不明瞭、ですか。けど、逆に今までわかっていたことの方が不思議です」

三善先生「わかっているのは、雷の音と共に現れること。何があってもいいように、準備は万端にな」

ファイテン「はい」

三善先生「それと、次がもっとも重要なことだが、手に負えないと判断したら、迷わずに【降参】して撤退するんだ。方位師は、陰陽師が安全に戦える為に配属されている。それを忘れないようにな」

ファイテン「・・・心しておきます」

012.png

百花文「なんだか、妙に堅い説明でしたね」

ファイテン「そうだね。少しかしこまっちゃった」

百花文「でも、正しいことを仰ってますよ。私たち方位師の在り方はその通りなのですから。敵わないと思ったら迷いなく撤退してください」

ファイテン「ありがとう、文ちゃん」

百花文「吐血一回で撤退できるのだから、安いものです!」

ファイテン「って、そのたびに吐血していたの!?」

百花文「慣れているから大丈夫ですよ。瘴気は・・・御守りがありますから!」

【上総国 大多喜村】

大多喜村

ファイテン「こりゃまた、広いね・・・」

百花文(ゴフッ!ゴフッ!)

ファイテン「!?今のどこに血を吐く要素あった!?」

百花文(辺りを探ってみただけですよ・・・大丈夫です。安心してください)

ファイテン「いや、安心する要素がないのだけれど・・・瘴気じゃないなら、いい、のかな・・・?」

百花文(この村は広いうえに、佐倉村と違って畑も荒らされています)

ファイテン「酷いことをするなあ。まだ収穫もあるのに」

百花文(道も入り組んでいます。気を付けてくださいね)

ファイテン「文ちゃんも、もうちょっとだけ血を吐かないようにね」

百花文(・・・・・・)

ファイテン「そこはわかりました!って言って欲しいな!」

村人「はぁ・・・、かくりよの門って何さ・・・」

村人「妖が増えてきたなぁ・・・」

村人「荒らされちまった畑の上は歩いても構わなえよ」

村人「あぁ・・・、今年の収穫が・・・」

村娘「妖怪を何とかしてください・・・お願いします!」

村人「応援することしかできねぇけど、頑張ってくれな!」

先遣隊「ここまで来るだけで一苦労だな」

行商人「疲れた顔をしているね。気付けに薬草はいかがかな?」

先遣隊「とうとうここまでやって来たか・・・」

ファイテン「!・・・転送の陰陽玉?」

百花文(はい、遠征地ではこのように転送の陰陽玉を使用可能にする試練があります。試練を達成することで転送の陰陽玉を使い、目的地への移動を簡略化できますよ!)

ファイテン「転送ってことは、やっぱり文ちゃんの・・・」

百花文(こっちは吐血半回分ってところでしょうか?ずいぶん楽なものですよ)

ファイテン「いや、量が半分だとしても立派な一回だからねそれ!?」

【上総国 大多喜村 守護者前】

012.png

ファイテン「長かったよー。疲れたなあ」

百花文(お疲れ様でした。さすがに広い村だと大変ですね)

ゴロゴロゴロゴロ・・・

ファイテン「うう、雷の音だあ。苦手なんだよね」

百花文(三善先生によると、落雷の音と共に現れるそうですね。雷は神鳴と書かれることもあるように、非常に神性の高いものです)

百花文(さすがに神様ではないようですが、十分に警戒してくださいね。ダメだと思ったら、一時撤退も立派な判断ですから)

ファイテン「うん。ありがとう。それじゃーいざっ!」

【逢魔時退魔学園】

011.png

三善先生「大多喜村での討伐、終わったようだな」

ファイテン「はいっ。守護者を討伐してきました!」

土御門澄姫「三善先生!土御門澄姫、だだいま戻りました」

三善先生「土御門も同時・・・と。無事雷獣を討伐できたか」

土御門澄姫「・・・もしや、ファイテンも?」

三善先生「ああ、そうだな。【雷獣】を退けたが・・・」

三善先生「二人とも、そこに座れ!」

ファイテン「・・・っ!?はっ、はい!」

三善先生「知らなかった、とは言わせないぞ。特に土御門の一門が知らない訳がない!」

三善先生「空より落雷と共に現れるといわれている雷獣、その危険性を」

土御門澄姫「それは・・・」

三善先生「本来であれば、守護者とはいえ、あの程度の土地に降臨できるものではない」

三善先生「なんらかの理由で、相当に格が落ちていたのは間違いのない事実だろう」

三善先生「しかし、言ったはずだ。危険を感じたら撤退するべきだと」

土御門澄姫「で、ですがっ・・・」

三善先生「討伐できたのなら、結果として判断は間違っていなかった。だが、それはあくまで結果論だ。何が起きても不思議ではなかった」

三善先生「今回はたまたま倒せたようなものだ。命を落とす危険性もあったのだぞ!」

三善先生「かくりよの門を無事に閉じたということで、このことはこれ以上言わないが・・・」

土御門澄姫「・・・はい」

三善先生「私の言ったことを、よく噛みしめておいてくれ」

012.png

ファイテン「・・・ねえ、文ちゃん。聞こえる?」

百花文(はい、聞こえていますよ。三善先生が怒鳴った声まで)

ファイテン「澄姫も討伐したって言ってたよね?」

百花文(はい、それが何か・・・?)

ファイテン「私も討伐したのに、澄姫も討伐していた。守護者って、いったい何だろう・・・」


« 前のページ / 次のページ»