第36章 土佐:土佐海岸・幽

シェアする

【土佐海岸・幽】

土佐海岸・幽

修行僧「この先に進むのは、やめておきなさい」

旅人「ダメだと言われると気になっちまってさ。気になって、夜しか眠れないよ」

漁師「せっかく見に来たってのに、こうるさい奴がいやがる。あんたも何か言ってやってくれよ」

修行僧「どうしても、と言うなら、進みなさい」

古びた看板:かすれた文字で何か書かれている

ファイテン 隠神刑部

ファイテン「ここが、幽世なんですね…思ったよりも普通に感じます」

隠神刑部「普通と言い切るとは、剛毅なことじゃ」

ファイテン「見た目も割と表と同じと言うか、雰囲気も似ているというか…」

ファイテン「【常世の境】の方がよほど、不安になりました」

隠神刑部(既に似た場所の経験がある。これを見越したのか…)

隠神刑部(いや、考えすぎじゃな。あの小娘にはこの事態は想定外)

隠神刑部(が、出来過ぎではある…か)

ファイテン「あの、どうかしました?」

隠神刑部「いや。なんでもない。今一度確認するが__幽世では伝心が通じず、強制帰還も方位師では難しいじゃろう」

隠神刑部「帰還は吾輩に任せてもらおう。学園の位置もしかと覚えておる」

隠神刑部「帰還に不安があろうが、そこは吾輩を信用しろ、と言う他ないな」

ファイテン「大丈夫ですよ。そりゃ、お尻は触りますけど__隠神刑部さんが四国を、愛比売を沈めるようなことはしないと信じています!」

隠神刑部「人からの信頼か…懐かしいが、こそばゆいのう」

隠神刑部「では、進むとするか。妖怪の討伐は任せたぞ」

【土佐海岸・幽 かくりよの門】

ファイテン 隠神刑部

ファイテン「これが【龍神の髭】で良いんですよね?」

隠神刑部「なんだかんだここまでは普段と変わらぬ様子だったのう」

ファイテン「まあ…あやかしが出てきたら討伐する。討伐したら先に進む__考えてみたら、いつもと同じだなあ、って」

隠神刑部「割り切りが早いのは良いことではあるが…」

隠神刑部(こやつの切り替えの早さ、時に他の人間を置いていくじゃろう)

隠神刑部(それが心配をかけることを気づかぬとは、まだ青い…か)

………

土佐海岸・幽ほこら

ファイテン「気配が、しますね」

隠神刑部「ああ、そうじゃな。力は感じるが、意思は感じぬ」

隠神刑部「大方、幽世の妖怪が単純に、『餌が来た』くらいのものじゃろう」

ファイテン「文ちゃんも心配してるし…早く討伐しないと、ですね!」

隠神刑部「幽世の妖怪相手の討伐か。吾輩はここで見物させて貰うぞ」

ファイテン「大丈夫ですよ。私だけで…十分です!」

【逢魔時退魔学園】

百花 ファイテン 隠神刑部

隠神刑部「海坊主を呼び出すための髭、持ち帰ってきたぞ」

ファイテン「帰ってきたよー!」

百花文「おかえりなさい、ファイテンさん!」

ファイテン「ふふっ。ただいま、文ちゃん!」

ファイテン 澄姫 隠神刑部
土御門澄姫「あら、私には挨拶はないのかしら?」

ファイテン「澄姫…!」

隠神刑部「ふむ」

(ぱん、ぱん…ぱんっ!)

土御門澄姫「ひうぇ! って、これは何なのよ!」

隠神刑部「ふむ…良いな。これは最上級の__」

隠神刑部 ファイテン 紫乃 澄姫

柴乃「そこになおりなさい、糞狸。私が相手になりましょう」

隠神刑部「おお、怖い怖い。じゃが、吾輩をそう呼ぶか」

隠神刑部「話は聞いておるようだのう。張りからして、お前が四人目か」

土御門澄姫「ファイテン、ひょっとしてさっきの…」

ファイテン「あはは、私もやられちゃった。器を見ているらしいんだけど…」

土御門澄姫「そう。わかったわ。柴乃姉、終わったら仕掛けましょう」

柴乃「もちろんよ、澄姫。作戦は任せてちょうだい」

隠神刑部「あの小娘も他の者も、淡路国にて待っているらしい」

隠神刑部「吾輩も今から向かおう。準備ができた後、現地で合流じゃな」

土御門澄姫「どう取り繕っても、私は忘れないからね…!」


« 前のページ / 次のページ»