第34章 讃岐:塩江温泉郷

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

【逢魔時退魔学園】

文 ファイテン
ファイテン「よーし、あらかた準備できたかな!」

百花文「着替えは持ちましたか?あと、食べすぎた時のお薬も」

ファイテン「うん、大丈夫なはずだよ!文ちゃんも、でかける支度できた?」

百花文「はい、できましたけど…あの、ファイテンさん、一体どういう…」

ファイテン「んー?どうって?」

百花文「…伊香保温泉に行った時のことを覚えていますか?」

ファイテン「あー、さんざんな目にあったもん!覚えてるよー」

百花文「そうではなくて…あの時、私が「いつか一緒に」と言った時」

ファイテン「ああ、そのことねー。うん、覚えてるよ」

ファイテン「全部終わったら、って言ったんだよね」

百花文「はい、ですから…」

ファイテン「うーん、上手く言えないんだけどさ」

ファイテン「『あれができたら』とか『この日がきたら』とか言ってたら、駄目だなって思えてきて」

ファイテン「いろんなことがあって、ひと段落したからこそ言えるんだけどね」

ファイテン「やるべきことは、もちろんあるけど…」

ファイテン「そのために、やりたいことを後回しにするのは違うなーって」

百花文(ファイテンさんは、わりとのびのびやっているように思うんですが…)

ファイテン「あっ、いつも好きにやってるくせにって思ったよね!?今の顔は!」

百花文「そ、そんなことないですよ!?うっ…ゲフッ…」

ファイテン「あはは、まあ冗談はこれくらいにして」

百花文(わかりにくい冗談ですね…)

ファイテン「先のこととか、大きなことを考えるのももちろん大事だけどさ。ここ最近、ちょっと遠くの方ばかりみてたような気がしてね」

百花文「あれだけの大事でしたから…」

ファイテン「うん、そういう大きなことにすっかり気を取られてたから、今は、もうちょっと手前の方をね、ちゃんと見ていたいんだ」

ファイテン「もちろん、四国の沈没のこともあるし、ゆっくりはしていられないけど」

ファイテン「文ちゃんとの約束、先延ばしにするより、今果たすのがいいなって思ったんだよね」

ファイテン「今でも果たせるものがあるなら」

百花文(あの時の言葉を約束だと思っていてくれたんですね)

百花文(それだけで嬉しいですけど…)

百花文「…そうですね、ファイテンさんが考えた結果なら、それでいいんです」

ファイテン「それじゃあ、決まりだね!今回は、思い切り楽しもうよ!」

百花文「はい…!久しぶりの遠出なので、ちょっと緊張しますね…」

………

百花 ファイテン 澄姫

土御門澄姫「…ファイテン、文、待たせたわね。準備はできてる?」

ファイテン「澄姫、おはよう!準備はできてるよ!」

百花文「澄姫さん、おはようございます。朝早くにすみません、お世話になります」

土御門澄姫「そうよ、わざわざ、土御門の駕籠を出してあげるんだから、感謝しなさい」

ファイテン「ほんとに助かるー!澄姫、ありがとう!」

百花文「ありがとうございます、澄姫さん」

土御門澄姫「…そ、それじゃあ、先に荷物を運ばせるわね!」

百花文「はい、お願いします」

ファイテン(相変わらずだなー、澄姫ってば。わかりやすく照れちゃってるよ)

ファイテン「ところで澄姫もどこかにでかけるの?」

土御門澄姫「えっ、ど、どうして…?」

ファイテン「どうしてって、どう見てもそわそわしてるっていうか…」

土御門澄姫「そっ、そんなこと、あなたに関係ないでしょ!?早く行きなさい!」

土御門澄姫「せっかく朝から支度したのに、日が暮れるわよ!」

土御門澄姫「駕籠は、屋敷の表門の向かいに待たせてあるから」

百花文「ファイテンさん、あまり長くお待たせするのも申し訳ないので、乗りましょう」

ファイテン「そうだね、じゃあ行って来るよ!澄姫ありがとう!」

ファイテン「おみやげ、楽しみにしててねー!」

土御門澄姫「もう…浮かれちゃって。四国の調査もあるんだから…」

紫乃 澄姫

紫乃「澄姫、文たちには言ってなかったの?私たちも後から行くって」

土御門澄姫「べ、別に言う必要ないじゃない…!」

紫乃「まあ、そうだけど。言わずにいる必要もないわよね」

土御門澄姫「ううっ…うるさいわね!もういいでしょ、行くわよ!」

【塩江温泉郷】

塩江温泉宿 文 ファイテン

ファイテン「文ちゃん、疲れてない?大丈夫?」

百花文(はい、大丈夫ですよ。先にお宿でゆっくりさせてもらってます)

百花文(そちらは問題ありませんか?)

ファイテン「うん、今のところはね。それにしても、本当に沢山お宿があるね。この近くに、名所でもあるのかな?」

百花文(街を抜けた先にある、五つの滝が有名なのだそうですよ)

ファイテン「へぇ…文ちゃん、本当になんでも知ってるねー」

百花文(ふふ…さっき、お宿の方から伺ったんです)

ファイテン「あー、そうだったんだ。時間があったら、滝も見て帰りたいねー」

百花文(はい、私は体力があれば、ですかね)

百花文(それにしても…本当に、いい時期に来ましたよね)

百花文(お部屋から見える夜桜がきれいです)

ファイテン「本当に、きれいに咲いてるよね。私も、もうちょっとしたらお宿に行くね」

百花文(はい、お待ちしてますね)

塩江温泉宿

旅人「この先に綺麗な温泉があるぞ。私も早く宿に着いてゆっくりしたいものだ…」

行商人「ここには旅行で来る人がとても多いんだ。少しだけ見ていかないか?」

村人「綺麗な桜だろう。この温泉の名物の一つらしいぞ」

村娘「今日はこの宿に泊まるんだー!夜の外は危ないぞってお父さんに言われるけど、空気が気持ちいいんだよねー」

村人「足湯って本当に気持ちいいわよね。あなたも浸かっていったらどう?」

村人「綺麗な場所なもんで、散歩していたら歩き疲れちまったよ」

村人「やっぱりお団子にお茶よね。ねぇ、そう思わない?」

村人「ここの温泉には身体の疲れを癒す効能があるらしいぞ。是非浸かっていくといい」

村人「とてもいい湯だったわねー。またきましょうね」

村人「うむ。是非またきたいものだな」

村娘「お父さんとお母さんに連れてきてもらったんだー。はー温泉楽しかったー」

女将「塩江温泉へようこそ。ゆっくりしていってください」

【塩江温泉旅館宿】

塩江温泉宿 澄姫

ファイテン「あっ、あれ…?澄姫がいる!?」

土御門澄姫「…あら、ファイテン。無事に着いたみたいね」

塩江温泉宿 澄姫2

ファイテン「澄姫、全然すまし顔できてないよ…」

土御門澄姫「うぐっ…そ、そういうことは口に出さなくていいわよ!」

ファイテン「はいはい、わかってるよ」

ファイテン「澄姫も、ただ温泉に来たわけじゃないんだよね」

土御門澄姫「当然よ、学園からの調査依頼を受けて来たのよ」

土御門澄姫「…それはあなたも同じでしょう?」

ファイテン「私のは、学園の依頼じゃないよ。個人的に調べたいことがあってね」

土御門澄姫「そ、そうだったの…」

土御門澄姫「だったら、駕籠を頼みに来た時にそう言いなさいよね!」

ファイテン「四国で調べたいことがあって、そのついでに温泉に行きたい!…っていうのが全部だよ?」

土御門澄姫「四国で調査って言ったら、私と同じ、学園からの依頼だと思うじゃないの!」

ファイテン「それは澄姫の思い込みだよー」

土御門澄姫「なによもう…そういうことなら…」

土御門澄姫「まあ、いいわ。ところで…文の姿が見えないけど」

ファイテン「文ちゃんは、ちょっと疲れたみたいで、部屋で寝てるよ」

土御門澄姫「今夜の宿は決めてあるのね」

ファイテン「うん、文ちゃんが起きたらごはんを食べて、それからお風呂だよ」

土御門澄姫「そう…なんだか、変な感じがするわね」

ファイテン「あっはは、そうだね」

ファイテン「前はずっとこんな感じだったはずなのに、懐かしい感じがするっていうか…」

ファイテン「でも、またこんな風に話せて嬉しいよ、私は…」

土御門澄姫「それは…わたしもよ」

ファイテン「…ところで、澄姫の調査っていうのはどんな内容なの?」

土御門澄姫「調査の内容自体は、これまでの遠征と似たようなものよ」

土御門澄姫「この辺りのあやかしの状態と、おおまかな数を調査するの」

土御門澄姫「近頃、四国界隈であやかしが急に増えているみたいで、この塩江温泉にも影響が出ているらしいわ」

土御門澄姫「あやかしの急増でお客は激減__実際、どの宿にも人がいないの」

ファイテン「そういえば…私が泊まる宿も、ほとんど貸切だって言ってたなー」

土御門澄姫「いつまでもこの状況じゃあ、お宿の人たちも困るでしょう。それで、あたしが状況をとりまとめて報告することになったってわけ」

土御門澄姫「それで、あなたの方は、どういう調査なの?」

ファイテン「私のは、うーん…何て言えばいいかなー」

土御門澄姫「なによ、あたしには言えないこと?」

ファイテン「そういうんじゃないんだけど、まだ話が見え…」

狛犬 ファイテン 澄姫

狛犬「澄姫さーん!探したッス!」

狛犬「みんな待ってるッス!お風呂に入るッス!」

土御門澄姫「あら、わざわざ探しにきてくれたの?先に入ってていいって…」

狛犬「そうはいかないッス!ご主人様と一緒に入るッス!」

土御門澄姫「…わかったわ、ありがとう。今行くから、先に宿に戻ってなさい」

狛犬「わかったッス!…あれ?」

土御門澄姫「…どうしたの?」

狛犬「お宿の場所が…わからないッス」

土御門澄姫「あ、あのね…あたしも一緒に戻ればいいのよね、わかったわ」

土御門澄姫「それじゃあ、ファイテン、あたしはそろそろ…」

狛犬「あっ、ご主人様のお友達ッスか!?こんばんはッス!」

土御門澄姫「今まで気付かなかったの…!?」

ファイテン「こんばんは!ご主人様を引きとめちゃってごめんね」

ファイテン「澄姫、今回は改めてありがと!」

土御門澄姫「駕籠のこと?…それなら、別にいいのよ」

土御門澄姫「土御門の家では、客人に駕籠を出すなんて、よくあることだし」

土御門澄姫「これくらい、なんてことないわよ。あなたたちは…友達だしね」

ファイテン「えへへー、うんうん!澄姫、ありがと!」

土御門澄姫「…も、もう十分でしょ!さんざんお礼は聞いたわよ!」

ファイテン「ごめんごめん、もう一回言いたかったから。じゃあ、私もお宿に戻るね」

土御門澄姫「ええ、それじゃあね」

土御門澄姫「って、ちょっと…!どうして、こっちに来るのよ!」

ファイテン「え…?だって、お宿がこっちにあるから」

土御門澄姫「も、もしかして…」

………

ファイテン「…ええー!?澄姫もここに泊まってるの!?」

土御門澄姫「それはこっちの台詞よ!」

狛犬「やったーッス!ご主人様のお友達も一緒ッス!」

狛犬「一緒にお風呂はいるッスー!」

土御門澄姫「何言ってんのよ…!!だ、だめよ、だめ!!」

土御門澄姫「そんな、誰かと一緒になんて…!!」

ファイテン「えー、駄目なのー?私はかまわないよー?せっかくだから、みんなで入ろうか!」

狛犬「澄姫さん、みんなで入るッスー!!みんなでお風呂に突撃ッスー!!」

(ダダダダダ…ガシャーン!!)

土御門澄姫「ちょっと、お宿を破壊しないでって…!止まりなさーい!」

ファイテン「あっはは、にぎやかな夜になるそうだね」

【逢魔時退魔学園】

ファイテン 文

ファイテン「あー、楽しかったー!」

ファイテン「おみやげもいっぱい買えたし、行ってよかったー!」

百花文「本当に…帰りの駕籠まで用意していただいて__」

百花文「改めてお礼を言いたかったのですが、昨晩は紫乃さんと話し込んでいて、澄姫さんとお話できなかったんです」

ファイテン「お風呂のあと、文ちゃんいないなーとは思ってたけど、紫乃さんと話してたんだね」

百花文「はい、なかなか、会うこともなくて、積もる話が山ほど…」

ファイテン「いいと思うよー。こんな時でもないと、なかなか話せないもんね」

ファイテン「澄姫には、私の方から改めてお礼を言っておいたから、大丈夫だよ」

百花文「そうですか、ありがとうございます。私は、次にお会いした時にでも…」

ファイテン「うん、それでいいと思うよ。澄姫といえば…そうそう!」

ファイテン「お風呂で澄姫の狛犬ちゃんがのぼせちゃって大変だったね」

百花文「一時はどうなることかと思いましたけど、一晩眠ったら、元気に朝ご飯を食べていましたね」

ファイテン「今度は、食べすぎでおなか壊してたけどね…」

百花文「ふふ…そうでしたね、ふふふ…」

ファイテン(文ちゃん、さっきからずっと笑ってる。やっぱり、一緒に行けてよかったなー)

ファイテン「なんか、まだふわふわしてて旅の気分がぬけないけど…」

百花文「ええ、明日からまた、頑張りましょう」

ファイテン「うんっ、頑張ろう!…と、その前に」

百花文「みなさんに、おみやげを配りましょうか」

ファイテン「悪路王さんにもね。ちょっと沢山買いすぎたかな?」

百花文「いいじゃないですか、お酒の分だけ、しっかりどっさり働いてもらいましょう!」

ファイテン(ふ、文ちゃん…今度は悪い顔で笑っている…)


« 前のページ / 次のページ»

【かくりよの門 二周年記念企画】

6月22日から始まった二周年イベント。前回は式姫にスポットが当りましたが、今回は主要キャラが語ってくれます。プレイヤー泣かせのセリフの数々は、作家陣の質の高さを伺わせますね。

【かくりよの門 一周年記念企画】

6月17日で一周年となったかくりよの門 今回は各地の遠征先で拾い集めた式たちの掛け合いを動画にしてみました。 胸にジンとくるコピーに、運営の意気込みを感じました。

かくりよの門はそのストーリーと各キャラクターの個性的な設定がすばらしいですよね。 イラストレーターさん、作家さん共に最高のスタッフがそろっていると思います。


« 前のページ / 次のページ»