第10章 上野:伊香保温泉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

【逢魔時退魔学園】

006.png

三善先生「まだ考え中だとは思うが、新たなかくりよの門が確認された。【上野国】の【伊香保温泉】療養や観光地として賑わっていた温泉街だ」

三善先生「守護者は【猩猩(しょうじょう)】海に現れることの多い妖怪だが、猿を媒体として現れたのだろう。酒を好む赤ら顔の伝承もある。不思議なことではないな」

ファイテン「あの、先生・・・気づいたんですが」

三善先生「なんだ?ファイテン」

ファイテン「あの雷獣、実は事前に知ってたんじゃ・・・」

三善先生「・・・・・・」

ファイテン「・・・・・・・・・」

三善先生「ふふ・・・よく気づいたな。そうだ。あれは芝居だったのだ」

ファイテン「ブッ!?っちょ!やめてくださいよ!」

三善先生「だが、間違ったことは何も言っていないぞ?雷獣とはもともと雷の化身。本来であればもっと格の高いあやかし。だが恐らく、現出を急いで、山犬にでも憑いてしまったのだろう」

ファイテン「あ、なるほど・・・確かに山犬が多かったですしね、って!いや、そうじゃなくてですね!本気で落ち込んだというか、何というか・・・」

三善先生「痛くなければ覚えないだろう?とくに、ファイテンはな」

ファイテン「え、えぇぇー・・・」

【上野国 伊香保温泉】

温泉

ファイテン「温泉街って初めて来たけど、すっごい匂い・・・」

百花文(何度か療養に行ったことがありますが、匂いだけは慣れませんね)

ファイテン「あれっ、想像して吐血しないの?」

百花文(まあ、慣れてますから。今度、一緒に行きましょうか?)

ファイテン「それは全部が一段落したら考えようかな」

百花文(なるほど【全部】ですか・・・)

町の用心棒「今年の逢魔時退魔学園は豊作だな。さっきも生徒が来ていたぞ」

温泉街の看板娘「伊香保温泉へようこそ!・・・また、そう言いたいものね」

町娘「宿も店も、悪戯が怖くて閉じてるのよ。襲われないからいいってもんじゃないさ」

町娘「何度も門を閉じてもらっているのに、申し訳ないです」

先遣隊「猩猩は今までにないあやかしだ。できる範囲で手助けしよう」

町人「ここの湯につかりながら一杯が楽しみだったんだがなあ・・・」

先遣隊「斬っても、閉じても、あやかしが減らぬ。だが、諦めるつもりはない」

町人「くそっ!また猩猩に弁当を盗られてしまうとは!」

町人「紅葉を楽しむ余裕だけは、どんなになっても忘れたくないのよね」

町娘「この温泉を救ってください・・・元の、活気ある温泉に・・・」

町人「野湯につかってた猿、嫌いじゃなかったんだけどな・・・猩猩の元は、あいつらなんだろ?」

【上野国 伊香保温泉 守護者前】

005.png

ファイテン「もー、もー!何なの、あの子猩猩!」

百花文(数も多いし面倒でしたねぇ。だいぶお尻を蹴られていたようで)

ファイテン「あれ痛かったなぁ・・・帰ったら文ちゃんにもお裾分けしようか?」

百花文(遠慮させてください。いえ、本気でやめてくださいね)

ファイテン「さすがに冗談だけど。ここの守護者はその猩猩なんだよね?」

百花文(本当に、冗談ですよね・・・?ええ、猩猩です)

百花文(途中で話されていた通り、元々はそちらに生息していた猿のようです)

百花文(力も強く、お酒が好きで、子猩猩の元締め。厳しい討伐になりそうですね)

百花文(一度、試しに挑んでから対策を考えるのもいいと思います。もちろん、私もお手伝いしますよ)

ファイテン「うん。ありがとう、文ちゃん。それじゃ、その猩猩の顔でお拝んでみようかな!」

【逢魔時退魔学園】

008.png

吉備校長「戻ったようじゃな・・・しかし、少し匂うぞ・・・」

ファイテン「えー。そんなこと言わないで下さいよ!確かに、色んな匂いが残ってますけど・・・」

吉備校長「まあ、良い。後ほど、結論を問うぞ?準備はしておくんじゃな」

ファイテン「校長先生、一つ聞かせてください」

吉備校長「手短にな?」

ファイテン「そんなに引かないで下さいよ・・・えっと」

ファイテン「私の会いたい式姫と、あやかしの大門。無関係ではないですよね」

吉備校長「それは質問ではない、確認というんじゃ」

ファイテン「かくりよの大門の時期と、私の記憶に残る光景。時期が合います」

ファイテン「それに、あの式姫は今まで知ったどれとも違いました」

吉備校長「・・・無関係ではない。だが、それだけじゃ・・・」

ファイテン「わかりました、ありがとうございます」

吉備校長「では、時間をおいた後、逢魔時退魔学園裏手まで頼むぞ」

【逢魔時退魔学園裏手】

016.png

土御門澄姫「さっぱりした顔しちゃって。結論は出たのかしら?」

ファイテン「お互い様だと思うけど。澄姫だってぐちゃっとした顔じゃないし」

土御門澄姫「ぐちゃ・・・ぐちゃってどういうことよ!」

ファイテン「校長先生から話を聞いた後の顔、ぐちゃっとしてたよ?」

土御門澄姫「ぐちゃって・・・」

015.png

吉備校長「ふむ、先に来ておったのか」

三善先生「何やら話し込んでいたようだな。だが、さっぱりとした顔に見える」

吉備校長「では・・・結論を聞かせて貰おうか。どんな答えでも学園とワシが全力で支援する」

吉備校長「まずは土御門、オヌシは?」

土御門澄姫「あたしは・・・このまま進みます」

土御門澄姫「あたしの力はわかりませんが、かくりよの大門を開いたのが陰陽師なら、その大家として土御門家には、事態の収拾を図る義務があります」

吉備校長「ふむ、義務感で進むというのか?」

土御門澄姫「いえ。義務だけではないです。各地で困っている人を見てきました」

土御門澄姫「あやかしは、あまり一般の人を襲っていません、力を使いたくないから。けれど、あやかしがいるだけで生活は脅かされる。数少ないだけで、人を襲うあやかしもいる。それを見てきました」

土御門澄姫「だから、あたしは京都を目指します。土御門の力を使って、このまま」

吉備校長「そうかそうか・・・若いのう。いや、ワシもまだ若いつもりじゃが。ファイテン。オヌシはどうする?」

ファイテン「私は・・・澄姫のように断言できるだけの立派な理由はありません。それでもやっぱり、幼いころの記憶に残っている、あの式姫にまた会いたい」

ファイテン「まずは、行けるところまでは進んでみます。結論は・・・まだ出せませんけど」

吉備校長「いや、今結論を出せというのは酷じゃったからな」

吉備校長「少なくともフィテンが力を持った陰陽師なのは確かじゃ」

吉備校長「では二人の結論を受け取っておこう。この吉備泉、個人としてその決定を嬉しく思うぞ」

ファイテン「はい!」

土御門澄姫「はい!」

016.png

ファイテン「ふーっ・・・なんだか、疲れちゃったね」

土御門澄姫「ファイテン・・・」

土御門澄姫「あたしね、あなたには負けたくなかったの」

ファイテン「いや、そんなに改まらなくても見え見えだったというか・・・」

土御門澄姫「座学はロクに聞いていない、学園住み込みの生徒として育てられている。そのくせに実技はそれなりにこなすし、それに・・・それにね」

土御門澄姫「この学園に入った理由が・・・また会いたい式姫がいるんです・・・なんって自覚がないんだ。そう思ったのよね」

ファイテン「たはは・・・そこは否定できないけれど、そんなに軽い理由でもないんだよ」

土御門澄姫「それはわかったわ。わかったからこそ、やっぱりあなたには負けたくない」

ファイテン「そういう宣言は勝手だけど、負けて泣かないようにようにね?」

土御門澄姫「うっ、うるさいっ!」

土御門澄姫「ともかく、言いたかったのはそれだけだから!必ず、あたしが先に、かくりよの大門を閉じるんだからね!」

ファイテン「・・・行っちゃった」

010.png

吉備校長「やれやれ、口ではあんなことを言いながら、根底は負けず嫌いか」

三善先生「まるで校長先生とあの人みたいでしたね」

吉備校長「懐かしいことを言うんじゃない。全く・・・」

吉備校長「けれど、ああ、そうだね。昔のワシとファイテンの母そのものだよ・・・」


« 前のページ / 次のページ»