【VK3601H】隠れ里/ダミーCAPで敵の目をあざむけ【WoT】

シェアする

 今日の戦場は「Japan map 隠れ里」、自車両はドイツ重戦車「VK3601H」

 最近はサブアカウントpoposukeでブログを書いていますが、今回はドイツ重戦車VK3601Hを引っ張り出したんや。この戦車は重戦車の割に機動力があり、破壊力はないが貫通性能がすぐれておる印象があるんやね。とはいえ、めちゃ強い訳やねえので無茶はできません。

 さて、和名:隠れ里はテストサーバーで散々やったんやが、今回は機動力があるので中央の丘を目指さずに東の村に入ったんやんや。重戦車2中戦車2の4両編成、残りの主力は西の富士山ルートになるんやね。敵主力も西に集結したので東はあっさりと突破、そのまんまCAPを取りに向いますでなも。

 が、ほんでもアンタ敵陣にたどり着く頃には富士山ルートの主力がほぼ壊滅、戦力差は半分にまで落ち込んでしまおったんや。この状況で勝つにはCAPしかあり得ません。が、Matilda4が早々にCAPする中、ナマズっちは秘策を考えましたんや。ダミーCAPや。

 敵にCAPを許すとサイレンが鳴り響くのやが、ナマズっちはサークルの中にあえて入らずに敵とサークルの間にある岩影に身を潜めましたんや。敵から見たらナマズっちはギリギリCAPしておるような印象を与える場所や。当然敵は必死で砲撃しリセットを試みますでなも。ところが撃っても撃ってもリセットが出来ない。敵は焦るんやよね。(笑)

 Matilda4はナマズっちとELCにCAPするように促しますが、ELCもMatildaを残し防衛に回るんやでなも。さすがやね。全員がCAPに走って結局残り1秒ぐらいでリセットされてしまう光景を何度も見てきましたから…。ほんでもアンタ、さすがにナマズっちがダミーだと悟った敵M6とChi-Nuが特攻してきますでなも。

 さあ、残り30秒!Matilda4への砲撃を阻止することができるのかナマズっち!

wot-41-2

 自走砲SU-122AとELCの活躍に目覚ましいものがあったんやね。敵戦車2両がCAPに走ってくれたのでわっちの方への攻撃も手薄になって、どうにか防ぎきることが出来ましたんや。

↓今回の動画がおもしれえと思ったらご協力くだせえ!


ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»