【E-25】北極圏/駆逐戦車vs重戦車のゆくえ【WoT】

シェアする

 今日の戦場は「北極圏」、自車両はドイツ駆逐戦車「E-25」や。

 このマップ北東スタートは苦手なんやが今回は取りあえずB-5を目指してみましたんや。たぶんF-4あたりに敵スナイパーが潜んでおるはずや。主力は東の9ラインを南下しておるので、少数の西部隊はここで敵を足止めすればいいだけやね。

 西から来る敵部隊はIS、Chi-To2台、Luchs、やはり敵も主力は東側のようや。岩を挟んでAB-2でにらみ合っておると、思った通りF-4に潜んでいたT-34-85が姿を現するんや。

 首尾よおそれを撃破し、特攻を掛けてござったLuchsを鎮める頃には自軍勢力はISが溶けてT-44がわっちの方の主力に…その場を彼に預け、ナマズっちは一か八か左に迂回し敵の背後に回り込みますでなも。

 Chi-Toを仕留め敵ISが沈む頃には戦力は7対8のイーブン。ほんでもアンタ、東の主力はほぼ壊滅状態の大ピンチや。ナマズっちも手痛い一発をもらいHPは残りわずか、敵の背後に回ろうとしたT-44も溶けてしまい、敵主力部隊のCAPが始まるんやでなも。

 この時点で戦力は4対5、自軍を守れるのは駆逐戦車がわずかに3両。さあ、強敵T29、KV-3を相手に駆逐戦車軍団は自軍を守りきることができるのか!

wot-37-2

 最後まで生き残ったのはわずかに2両やったが、どうにか守りきる事ができましたんや。トップスコアの上にトップガンと防衛者まで頂き大満足の出来やったんや。

↓今回の動画が面白いと思ったらご協力ください!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»