第25章 三河: 三島

シェアする

【逢魔時退魔学園】

014.png

吉備校長「ふむ・・・少し、妙じゃな」

ファイテン「校長先生・・・?あの、船が出せるようになった、と・・・」

吉備校長「ああ、そうじゃ。だがその前に」

吉備校長「・・・ファイテン、身体に違和感はないか?」

ファイテン「えっ・・・と、特にはない、です」

吉備校長「文よ、オヌシから見てファイテンに変わったことは?」

百花文「わ、私からも特には・・・」

吉備校長「ふむ、気のせい、じゃといいが。理由を話しておこう」

吉備校長「三河沿岸漁港から戻ったオヌシに、天狗火が遺したのか、わずかな瘴気があっての」

百花文「しかし、あやかしの討伐後ですし・・・」

吉備校長「そうじゃ。いつものことでもある。だから気にかけなかったのじゃが・・・まだ少し、残っておるな。しかも若干変質しておる」

百花文「瘴気の変質・・・」

吉備校長「どうやら漁港で語られていた話は天狗火だけではないらしいな」

吉備校長「いや、もしくは天狗火が討伐された後、新たな話が沸きあがったか・・・」

吉備校長「時に、突然じゃが【百物語】は知っておるか?」

ファイテン「夜にみんなで集まって行う怪談ですよね・・・?」

ファイテン「この間は古椿ちゃんがやりたがって、太郎坊ちゃんと喧嘩してましたが」

吉備校長「・・・まあ、式姫のことは良い。百物語のことじゃが、一般に行われるのはただの肝試しじゃ。そこにさして意味はない」

吉備校長「強いて言えば、あやかしや妖怪への対応策を知っておく、ことになるかな?」

百花文「伝承に囚われるが故に、弱点もまたそれによる、からですね」

吉備校長「そうじゃ。知っておくことでそもそも遭遇を避ける意味もある」

吉備校長「じゃが、力のある陰陽師、それに瘴気満ちるかくりよの門。この二つが揃ったとき、百物語はまた別の意味を持つ」

百花文「伝承が増える・・・でしょうか?」

吉備校長「近いな。正確には変質するのじゃ」

吉備校長「守護者の噂がぶれればぶれるほど、その影響は顕著になる」

吉備校長「土地に縛られておらぬ守護者なら、なおさらじゃな」

吉備校長「それを防ぐために、先遣隊を送り、噂がぶれぬようにしていたが、漁港や三島で未だに怪談や、守護者の噂が流れていたら気を付けるんじゃな」

吉備校長「何者かが意図的に守護者の力を強めようとしている可能性がある」

ファイテン「は、はい・・・」

吉備校長「あまり脅かしても仕様がない。じゃが心して向かってくれ。出来るだけの補佐は学園でも行おう」

吉備校長「転送玉を扱える方位師や先遣隊は、一足先に送っておるぞ」

百花文「一足先に。って、今までは居なかったんですか!?」

吉備校長「三島と漁港が分断されたのは初めてでの・・・現地では気のゆるみもあったのじゃろう。そこは、学園を代表して詫びよう」

ファイテン「そ、そこまでしなくてもいいですよ!門は閉じないと、ですし!」

吉備校長「すまん・・・今はそれしか言えぬな。例え杞憂であってもこうした懸念が沸く時点であってはならぬことじゃった」

百花文「大丈夫ですって!文ちゃん、転送をよろしくね!」

百花文「あっ、はい!」

・・・・・・

吉備校長(しかし、誰じゃ・・・)

吉備校長(これだけのことができる知識があり、学園のことも知っている・・・)

吉備校長(陰陽師か、それを見ていたものか・・・そのどちらとも思いたくはないが・・・)

【三河三島 日間賀島(ひまかじま)】

三河三島

ファイテン「・・・揺れたね・・・漁港の転送後、すぐ船に乗ったけど・・・」

百花文(こちらも見ているだけで気分が・・・ゴフッ!)

ファイテン「慣れている私でも、だし、平気な顔をしている漁師さんはさすがだね・・・」

百花文(げふっ、えふっ・・・ふぅ。少し落ち着きました)

ファイテン「相変わらず立ち直り早いね!」

百花文(ふふふ、慣れていますから・・・さて、少し解説しますね)

ファイテン「あっ、うん。お願い!」

百花文(三河三島は三河湾にある三つの島のことを言います)

百花文(三島って島だと思ってた。ってことは黙っておこう・・・)

百花文(かくりよの門が確認されたのは、こことは別の島みたいですね)

ファイテン「それなら、また船で移動するのかな?」

百花文(そうですね。でも、その前にまずは転送玉を開通させて欲しいそうです)

百花文(千里の道もなんとやら。まずはそちらからお願いしますね)

ファイテン「はーい!」

百花文(・・・それと、新たな噂があったら気をつけておいてください)

百花文(校長先生ではありませんが、少し、いやな予感がします・・・)

先遣隊「ここは三河湾の中心にある島群だ。北の島にあやしい洞窟があるが、歩いていくことが出来ない。どうしたものか」

三河の漁師「北と南にも島があって大きい島はここを入れて全部で3つだ」

三河の漁師「この島は漁師の活動拠点にもなっててな。数日帰らない時はここで過ごしてるんだ」

三河の漁師「町の方ではおっかねえ話が流行ってるなぁ。怖いもの見たさ・・・いや聞きたさなのかね」

三河の漁師「海の上とか鮫とかなら怖かねえ。・・・ただ、幽霊は簡便してほしいもんだぜ」

顔色の悪い方位師「ふ、舟ってここまで揺れるのですね・・・申し訳ありませんが、先遣隊の方にこれをお渡ししてください・・・ゴフッ」

三河の漁師「おいおい、これぐらいでへこたれちまうのかい。どんな仕事でも身体が基本だってのに。方位師ってのは皆そんななのかねぇ?」

三河の漁師「あー・・・落ち着くなぁ。カカアにどやされる事も無くて、平和だ。いっそ、ここに住んでいたいよ」

三河の漁師「ガキの頃、親父と一緒に漁へ出た時、海の中から人の目玉に睨まれたことがあるんだ。ま、誰も信じてはくれないけどよ・・・」

三河の漁師「まだ村とも言えないトコだけど、海も綺麗で漁も安定して出来るから、いつかは三河の町みたいに発展したいねえ」

【三河三島 日間賀島 守護者前】

012.png

百花文(私の方でも、漁港にいる先遣隊の方に情報を集めて貰いました)

百花文(やはり漁港では、新たな怪談が語られ始めていたそうです)

百花文(今考えると、漁港に居たあの方が噂を発していたように思えます)

………………

漁師「岬の方の騒ぎと同じ時期からなんだが、誰も見知らぬ娘が町に住んでいるとかいう話があってな。見たヤツ曰く、ボソボソ独り言を喋っているらしい」

町娘?「もう・・・近くに・・・あれば・・・ったのに。・・・つまんない・・・げ・・・」

……………..

百花文(今はもう、姿を消しているそうですが・・・)

ファイテン「澄姫の式姫かと思っていたけど、違うみたいだね・・・」

百花文(守護者は変質している、と考えた方が良さそうですね)

百花文(守護者こそが、あの女性だった。そう思ってもいいかもしれません)

ファイテン「変質・・・か。百物語って、最後にどうなるんだっけ?」

百花文(最後には本当の妖怪がでる、と言われています)

百花文(ゆかりがあるとすれば・・・【青行燈】ですね。もっとも、あやかしとして現れた記録はないそうです・・・)

百花文(もし、仮に百物語で力をつけたのであれば、漁港からこちらで戦ったあやかしの力も得ているはずです)

百花文(印象から考えると、属性攻撃が多めかもしれません・・・)

ファイテン「まずは蓋を開けてみないと、か・・・鬼が出るか、蛇が出るか・・・いざと言うときはお願いね、文ちゃん!」

顔色の悪い方位師「転送の術で帰ろうと思いましたが、慣れぬ船旅で疲れてしまいました。え、舟で帰ればいい?ご冗談を・・・」

三河の漁師「方位師さんを置いて帰るのも出来るけど流石に寝覚めが悪いな。暫く面倒見てるかね」

【逢魔時退魔学園】

ファイテン 文 

三善先生「戻ったか、ファイテン。文から話は聞いたぞ」

百花文「おかえりなさい、ファイテンさん!」

ファイテン「二人とも、ただいまー!・・・あれ、校長先生は?」

三善先生「お前が無事であるという報を受け取った後、飛び出していった。今回の件に関して、先遣隊なども含め、調べたいことがあるらしい」

三善先生「お一人で、な・・・」

百花文「そうですか・・・何か、心当たりがあるのかもしれませんね」

三善先生「そして、飛び出す前にお前に課題をおいて行かれたぞ」

ファイテン「ええっ!?か、課題!?」

三善先生「木曽地方には【木曽三川(きそさんせん)】と呼ばれる川がある」

百花文「龍神として祀られてもおかしくないほどの水害があった、とも聞きました」

三善先生「校長先生が残されたのは、その【木曽龍神】の祠だ」

ファイテン「龍神の祠・・・って!まさかその討伐が課題じゃ・・・!」

三善先生「早とちりするな、そうではない。気持ちはわからないでもないがな」

三善先生「この木曽龍神に挑むか否か判断する。それが残された課題だ」

ファイテン「判断、ですか?」

三善先生「木曽龍神は地方に伝わる【木曽三川】の通り【揖斐】【長良】【木曽】の側面をもつ。この三つの川が木曽三川だからな」

三善先生「同時に相手にすることはない。討伐の最中に姿を変えるとのことだ」

三善先生「今回のかくりよの門は、ほぼ正体不明、強さも不明の相手だった」

三善先生「討伐したから良いものの、判断に関して気にかかったのだろう」

三善先生「・・・それは私も同じだしな」

ファイテン「うっ・・・やっぱり・・・ちょっと、焦ったのかも・・・」

三善先生「木曽龍神は避けて通れる道だ。だが、力はつけられるだろう」

三善先生「土御門へ直接繋がる道ではないが、だからこそ判断するといい。その上で挑戦すると決めたのであれば、祠に向かえ」

三善先生「挑戦に必要な印象は木曽妖怪印章が十枚になる。仲間を募って挑むといい」

ファイテン「こ、心します・・・!」

三善先生「校長先生が戻られたら、お前に話があるそうだ。その時まで、しばらく待っていてくれ」

ファイテン「はーい!」


« 前のページ / 次のページ»