長生きできる人のBMI数値とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

BMI数値(肥満指数)は22という数値が健康的といわれています。死亡率が一番低い範囲がこの22という数値で一番死亡率が低いことが知られているそうです。 ポポ助はというと、初回に計ったサイトでは、BMI指数24で太り気味という診断でした。今回改めて計ってみた所こんな感じでした。

bmi値24.1
BMIによる肥満度チェック

今回計ったサイトではBMI指数が増えているにも関わらず、なんと普通型の仲間入りをしているではありませんか!この範囲なら正常ですとまで言われています。

上半身肥満の疑いあり

しかし騙されてはいけません。BMI指数は増えているのです。BMI値は25以上で肥満と判定。あと0.9で肥満の仲間入りではありませんか。 さらにBMI値が25以上で、腹囲(ウエストサイズ)が85cm(男性)以上ですと「上半身肥満の疑いあり」とされています。

上半身肥満というのは、内臓脂肪の蓄積が多いタイプの肥満を示しているそうです。 ギクっ! BMI指数24でありながらすでにウエストサイズが90cmを越えているポポ助とは一体どういう状況なのでしょうか?

DSC01553

これはどうみても「上半身肥満」というやつです。全然普通型ではありませんよね。しかし、新たなキーワード「内臓脂肪」とは一体何者なのでしょうか?

内臓脂肪と皮下脂肪

内臓脂肪に対してはこんな定義がなされています。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪。内臓脂肪は一見して溜まっている事が分かりにくい。内臓脂肪は溜まりやすいが、減らすことも比較的簡単。 皮下脂肪は一度溜まるとなかなか減らす事が難しいものです。しかし、皮下脂肪は内臓脂肪に比べれば病気の原因としては直結しにくいものの、スタイルには大きな影響が出てしまいます。

う〜む、ポポ助の場合はどちらなのでしょう?一応男性ではありますが、「一見して溜まっている事が分かりにくい」などということは決して無く、むしろ「摘むことができるのが皮下脂肪」の部類に近いような…。 これは早急に内臓脂肪や体脂肪率の計れる体重計が必要なようですね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 《↓この記事が役立った人は、いいね!クリックしてね♪》