水ダイエット始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

さて、水ダイエット初日です。普段意識して水を飲んだ事がないので何をどうしていいのかわからないのですが、取りあえず最初の一杯。水はただの水道水です。 浄水器を通した水の方がおいしいのですが、比較検証の為にあえてノーマルを飲んでみます。

ぐびっ 水道水を飲む

水が硬い上に水道水独特な匂いがしますね。まだコップ一杯の段階ですが、 早くも挫折しそうです。これを3リットル飲むなんて拷問に近いです。

ノーマル水道水はNGですね。 というか、水道水ってこんな味だったんですね。普段は歯を磨く時ぐらいしか口にしないから気づきませんでした(笑)

さて、無理のないダイエットがコンセプトなので、やはり水はおいしいに限ります。市販の天然水もいいですが、お金がかかりますからね。ここは浄水器を通した水道水で再チャレンジです。

浄水器からでる水

ぐびっ ぐびっ ぐびっ

おー、さすが浄水器の水。匂いもなく喉ごしが柔らかいですね。このペースなら3リットルなんて楽勝じゃないか!調子に乗ってコップに2杯ほど飲んでみます。

500mlほど飲み干してみましたが、一気に飲むのはどうやらこのくらいが限界のようです。これ以上は苦しくなりそうなので間をあけます。  

ワンコ蕎麦方式で水を用意しておく。

3リットルの水…言うほどたやすくはないですが、本能と理性のバランスが大事のようですね。喉が渇くのを待っていたら進まないし、無理に飲もうとしても限界が来てしまいます。バランスを考えていても、意識していないとつい飲み忘れてしまうものですね。そこでポポ助が考えた方法がワンコ蕎麦方式です。ワンコ蕎麦というのはこれですね。

わんこそばきれいなお姉さんが毎回お酌して水を汲んでくれるわけではありませんよ。つまり、一杯の水を飲んだら次の水をすぐに汲んでおくわけです。もちろん手酌で。

コップが空になっているとわざわざ注いで飲むのもおっくうになりがちです。一杯飲んだらすぐに注ぐ週間を本能的に付けてしまえばいいわけですよ。それはまさにワンコ蕎麦のような感じですね(笑)  

3.5リットル…これが一日の限界量

初日であるにも関わらずいいペースで水ダイエットは進みました。午前中でほぼ2リットル完飲。水を飲むという行為を意識的にすることと、コップに水を注ぐという動作を本能的にすることでいい流れができたと思います。

この調子なら4リットルくらいまで挑戦してみようか。そんなことを思いながら3リットル地点を過ぎ、残り500mlを残す所まできたところでピタリと止まってしまいました。

ブログネタなんだから4リットル完飲ばんざい!みたいなチャレンジをしようかと思っていたんですが、残り500がどうしても飲めません。ついさっきまで順調だったんですけどね。

ここでわかったことが2つあります。 一つは今言ったように水を飲むと言う事と本能は密接に関係あるということです。水は意識しないと飲めませんが、体が拒否したらそこで終わりだと言う事です。

だからくれぐれも無理をしない水ダイエットが必要だということですね。 もう一つは、当たり前ですが水ダイエットをするとトイレに行く回数が半端無く増えます。たえずトイレに行っている気がしますね。

パソコンと向かい合って仕事をするデスクワークなら問題ないのですが、外回りの人とかはむずかしいかもしれません。まあ、外を回っていたら太っているひまなど無いのかもしれませんけどね(笑)

  最後までお読みいただきありがとうございます!

 《↓この記事が役立った人は、いいね!クリックしてね♪》