【T26_E4】北極圏/謎の鉄板、スパパシの耐久力【WoT】

シェアする

今日の戦場は「北極圏」、自車両は「アメリカ中戦車T26_E4 SuperPershing」や。

 スパパシの最大の特徴は砲塔と車体前面に貼り付けられた「謎の鉄板」や。この鉄板への攻撃はことごとく弾き返されるため実質的には相当なダメージ軽減になるんやでなも。それほど装甲が固いわけでもないのに被ダメが3000とかざらで、最高で4500ぐらいまで耐えたことがあるんや(笑

 さて、ほんな特徴を生かそうと激戦の東H-8へ最初は向かおうとしたのやが、ほとんどの戦車が東ルートへ向かうので、バランスを考えて西を目指するんや。途中AMX50 100が自軍に特攻してきたので様子を見に行ったのやが、その間に西に向かっていた2両が壊滅状態に…。

 敵影はT34と中戦車2両。案の定ダメの通れへんスパパシに対して敵中戦車がラッシュを仕掛けてきますでなも。更に3両ある自走砲も何故かナマズっちばかりをターゲットに…。

 さあ、左右ほんで上からの砲撃にさらされたナマズっち。スパパシ「謎の鉄板」はどこまで耐えられるのか!

wot-100-2

 今回も被ダメ3000とかHPのほぼ倍の量を食らっても生きていましたね。まあ、こんな感じならさぞ成績もいいのでは?と思えば、実際は全然逆で弱点を狙われまくりで沈むことが多いや。ハイ

↓動画をご覧になった方、ポチっとしちゃって下さいW!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»