【Nashorn】コマリン/ドイツWTライン紹介 その2【WoT】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

今日の戦場は「コマリン」、自車両は「ドイツ駆逐戦車Nashorn」や。

 ちまたでは9.0の不具合続出で、あかんだこりゃという声が聞こえていますが、皆様はいかかやろか?ナマズっちはもちろんカクカクしてますでなも。再起動を頻繁にしんとコマ落ちやら数秒間画面停止やら。一番困るのは高画質だとリプレイが途中で落ちてしまうことやね。これは動画編集に支障をきたして泣きたいや。(運営どうにかして><)

 まあ、ほんなこんなやが、ブログ的には過去撮りしたものがあるので、それを使用してますがストックには限りがあるのでどうしようかな、と。

 さて、ドイツ駆逐戦車WTラインのご紹介ということで、今回はTier6のNashornや。  Tier5のPz_Sfl_IVc60kmと比べると最高速度は20kmほど(ってほんなに違うんか!)落ちていますでなも。装甲は気持ち上がってますが紙には変りません。俯角は変らず、仰角は4分の1の20度。砲は貫通が若干伸びて攻撃力は変らず。隠蔽率もほぼ同じということで目立った違いはあれへん。

 ほんでもアンタ、特筆すべき点は射界。Pz.Sfl. IVcが7度(最終砲)に対してNashorn15度と倍以上あるんや。これは駆逐戦車の苦手とする横への動きに対応するには充分は射界と言えますね。射界に優れたT40やS35 CAが活躍出来るのは、一重にこの射界の広さと言っても過言ではあれへん!(キリ

 さて、今回は動画にTier7のPz.Sfl. Vも登場するで、Nashornと比較する形でご紹介したいと思うんやでなも。南スタートやで例によってG−7へ向かい、対岸に現れる重戦車をつまみ食いした後、手薄な西ルートの援護に向いますでなも。が、開始3分ほどで西の前衛がぜーんぶ溶けてしまい、デフェンス陣の緊張感は嫌が応にも高まるんやでなも。

 さあ、WTラインコンビNashornとPz.Sfl. Vは、波入る重戦車に対抗しうるだけの能力を秘めておるのやろか!

wot-149-2

 どのラインにも苦行戦車と呼べるTierが存在しますが、これは運営がわざとやっておるのではあれへんかとナマズっちは思っていますでなも。無料で遊ぶ事はできる、けどその分苦労はしますよー、楽したいなら課金よろしゅうねー的なソフト営業?w。もちろんナマズっちはへたれなのやっ飛ばしましたよ!(キリ

↓ランキングにご協力ください!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»

コメント

  1.   より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    元から最低設定の私は何の影響もありませんが
    普通に遊べていた人に不具合多発みたいなんで
    誰も望んでいないアプデですよねw
    リアル差を求めている人なんて少数派だと思いますが・・・。

  2. ナマズっち より:

    SECRET: 0
    PASS: 3f36e9ec81fcd4ceac433b0fba5bdef3
    ナマズっちも低設定でしたが、それでも長時間やってると動きが悪くなりますね。
    画質の変更ではなくて、新バージョンと旧バージョンの切り替えができればいいのに・・・。
    リアリティ追求はゲームデザイナーの自己満足ですね。