【Rhm.-B.WT】エーレンベルク/フラッグ位置が移動した【WoT】

シェアする

今日の戦場は「エーレンベルク」、自車両は「ドイツ駆逐戦車Rhm.-B.WT」や。

 テストサーバー8.11でのプレイもそろそろ終わりに近づいていますでなも。2/13にsea鯖でのアップデートが始まったんやから夢のTier10車両も今日が最終日やろ、なんともさびしい限りや。

 今回はお気に入りWT PzⅣの弟分に当たるTier8のRhm.-B.WTに乗ってみましたが、まあはっきり言ってWT PzⅣよりは性能が落ちますね。当然といえば当然やが唯一優れておる点があるほしたら隠蔽率やろか。わっちの方から撃ってもほとんど気づかれず、一方的な狙撃が可能や。これで乗務員が育っていたらどうなるかと思うと恐ろしい戦車やね。

 マップはおなじみエーレンベルクなんやが、今回のアップデートでちょびっと様子が変わったんやんや。前はフラッグが中央のあたり川を挟んで東と西やったのに、通常戦にもかかわらず北と南に分かれていますでなも。たったこれだけなのにまったく別物のマップのように思えるのが不思議やよね。

 さて、Rhm.-B.WTはそれほど機敏に動ける戦車やねえので、とりあえずB-7にアンブッシュをかけて敵を待つことにしたんや。自軍は左右平均的に展開していますが、どちらかといえば東がディフェンス、西がオフェンスに回っておるようや。地理的にもそのほうが攻めやすいのやろね。裏を返せば敵はわっちの方側から攻めてくるということやろか。

 さあ、波おる敵の猛攻を前にフラッグを守りきることができるのか、ナマズっち!

wot-83-2

 さすがの隠蔽率も敵の猛攻の前に玉砕されてしまおったんや。まあ、自軍の侵攻が早かったのでCAP勝ちできたのは幸いやったんや。

↓動画をご覧になった方、ポチっとしちゃって下さいW!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»