【SU-152】鉱山/バ火力なのは当たり前【WoT】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

今日の戦場は「鉱山」、自車両は「ソビエト駆逐戦車SU-152」や。

 ソビエト駆逐戦車のいいところはとにかくバ火力やね。Tier6のSU-100の時点やでに貫通力175攻撃力390の122 mmが積めてしまうクレージーな国なんやが、正直なところSU-100の成績はよおあれへん。

 ほんでもアンタ、Tier7のSU-152になると成績がぐんと上がるんやでなも。リロードが早いだけで貫通力、攻撃力は同じ122 mm砲にもかかわらず、活躍した動画の数はわっちの方の方が多いやね。

 ほんでTier8のISU-152になるとまた成績が悪くなるんやでなも。調子のいいときにはマスターバッチも取れる優秀な戦車にも関わらず、お見せできる動画が少ないのが実情や。これは一体どうしてやろうと考えて思い当たることといえばDPMしかあれへん。

 SU-100=1829、SU-152=3163、ISU-152(152 mm)=2558、とDPMで言えばSU-152が一歩抜きん出ていますでなも。ISU-152はTier10にも行かなければなれへん高Tierやで、DPMは犠牲にし貫通力と攻撃力に絞らなければなれへんのが辛いところやね。

 まあ、Tier7ならSU-152一択やろ。バ火力であることプラス弾数をようけ撃てられる、DPM3000近い戦車が今後WN8値に大きく貢献するのはまちげえなさそうやね。課金戦車のSU-122-44(2925)も同じようにDPMの高さが成績に結びつくええ戦車だと思うんやでなも。

wot-230-2

 SU-152はリロードが早いので攻撃チャンスに恵まれますでなも。ほんでもアンタ精度が悪いので実質的なDPMはそこそこかもしれませんね。精度プラスDPMとなるとやはりドイツWTシリーズなのやろか。

↓ランキングにご協力ください!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»