【SU-152】コマリン/1対1の戦車かくれんぼ【WoT】

シェアする

今日の戦場は「コマリン」、自車両は「ソビエト駆逐戦車SU-152」や。

 ゲームがスタートして中盤を過ぎると、敵と味方の居場所が互いに知れ渡ってきますでなも。時としてある一部のエリアに敵1両と自分だけという特異なシチュエーションが出来上がったりしますよね。序盤の頃からにらみ合いながらも周りが次々と消えて行き、最後には「試合に負けてもいいからこいつだけには勝ちたい」ぐらいのシュチエーションw。

 今回は南スタートのコマリンやが、やや西よりに主力が展開し、中央と東を合わせ残り半分の戦力が向かいますでなも。ナマズっちは東側の援護に回ることにしたんや。ほんでもアンタ、最近のコマリンは湖の脇も通ることが可能になり、あえて東の村を突破する必要がなくなりよったせいで中盤を過ぎる頃にはどちらさんもいない過疎の村になってしまいますでなも。

 いや、強いて言えば敵ISとナマズっちSU-152の2両だけの村やろか。味方Loweが丘手前におるのやが、やがて敵との攻防の末に消えてゆきますでなも。時間の止まった廃墟の村にTier7戦車が2台。民家の間に隠れながら互いに牽制しあうその姿はまるで「かくれんぼ」や。

 戦場の流れは有利であるものの、こいつに負けたら敗北も同然。共通する互いの思いが火花を散らせますでなも。さあ、1対1のタイマン勝負。戦車かくれんぼを制するのはISかSU-152か…。

wot-228-2

 青ネームのObj.416が加勢に来ましたが、運よお撃破でき。その勢いのまんまフィニッシュを迎えましたんや。こういう試合は勝てると気分がいいやね。

↓ランキングにご協力ください!

ゲームプレイ日記 ブログランキングへ


« 前のページ / 次のページ»